字大名ヒージャガーと石碑

2013年2月1日

image1.jpg

 

字大名ヒージャガーと石碑

「那覇への幹線通りの名残」

大名の、首里に向かう旧街道にある共同井戸で、個人の屋敷東側にある。

井戸は直径1mの楕円形をしており、水深4m、深さ1mまで石積みされており、現在でも水量は豊富である。

側には石碑があり、漢文でヒージャガーの出来た由来が刻まれている。

碑文によると、この道路は雨天時には往来が難渋するので、1769年にこれを改修し、樋川を築かせたという。

この道は急な坂でヒージャーカービラと呼ばれ、かつて与那原から宮城橋を通り首里に至る幹線通りであった。

その街道を裏付ける現在も唯一残っている井戸として、また石碑として歴史的に重要な文化財である。

 

【場所】〒901-1101 沖縄県南風原町字大名80
【種別】史跡
【駐車場】なし

地図

字大名ヒージャガーと石碑

観る学ぶ食べる遊ぶ買う体験する
避難所一覧 行政 ご意見要望 サイトマップ
南風原町観光協会

イベントカレンダー

11月
27 28 29 30 31 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30