• 町の紹介
  • 町民窓口
  • くらし・健康
  • 子育て・教育
  • スポーツ・学習
  • ふれあい
  • 住まい・産業
  • 町の財政

平成28年度決算に基づく「財政健全化判断比率」と「資金不足比率」

2017年10月2日

平成28年度決算に基づく「財政健全化判断比率」と「資金不足比率」

 

 

自治体の財政破たんを未然に防ぎ、悪化した自治体に対して早期に健全化を促すため「財政健全化法」が制定されました。その中で、自治体の財政の健全度を表す「健全化判断比率の4つの指標」と公営企業の経営状況の健全度を示す「資金不足比率」を公表することとなっています。

 

 

健全化判断比率

 

 健全化判断比率は、町の財政の健全度がどの程度の水準であるかを表します。健全化判断比率の4つの指標のうちひとつでも早期健全化基準や財政再生基準を超えると、財政健全化計画又は財政再生計画を策定し、自主的な改善努力や国などの関与による厳しい財政再生の取組を進めることとなります。平成28年度決算に基づく南風原町の健全化判断比率は以下の表のとおりで、いずれも早期健全化基準(イエローカード)を下回り、健全な状況であると判断できます。しかし、平成20年度から国民健康保険特別会計が赤字となっており、平成28年度は累積で13億9,699万円の赤字となっております。本町の財政状況は厳しい状況であることには変わりなく、無駄のない財政運営を行います。

 

 

 

健全化判断比率

平成28年度

南風原町の数値

早期健全化基準

(イエローカード)

財政再生基準

(レッドカード)

1.実質赤字比率 14.09% 20.00%
2.連結実質赤字比率 19.09% 30.00%
3.実質公債費比率 9.9% 25.0% 35.0%
4.将来負担比率 120.9% 350.0%  

※1・2とも黒字で、赤字比率は算定されないため「-(ゼロ)」表示となっています。

 

 

 

資金不足比率

 

 資金不足比率は、公営企業会計(町では下水道事業特別会計、農業集落排水事業特別会計)の経営状況の健全度を表します。資金不足比率が経営健全化基準を超えると、経営健全化計画を策定し改善努力が行われることになります。平成28年度決算に基づく資金不足比率は以下の表のとおりで、いずれも早期健全化基準(イエローカード)を下回り、健全な状況であると判断できます。

 

 

 

会計区分

平成28年度

資金不足比率

早期健全化基準

(イエローカード)

下水道事業特別会計 20.0%
農業集落排水事業特別会計 20.0%

※いずれの会計も黒字で、資金不足比率は算定されないため「-(ゼロ)」表示となっています。

 

 

 

用 語 解 説

 

 

 

実質赤字比率 福祉、教育、まちづくり等を行う町の一般会計の赤字の程度を指標化し、財政運営の深刻度を示します。
連結実質赤字比率 全ての町の会計を合算し、赤字の程度を指標化し、全体としての財政運営の深刻度を示します。
実質公債費比率 借入金の返済額及びこれに準ずる経費の大きさを指標化し、資金繰りの危険度を示します。
将来負担比率 借入金や将来支払っていく可能性のある負担等の現時点での残高の程度を指標化し、将来、財政を圧迫する可能性が高いかどうかを示します。
資金不足比率 公営企業の資金不足を、公営企業の事業規模である料金収入の規模と比較して指標化し、経営状況の深刻度を示します。
標準財政規模 一般財源の標準規模を示すもので、標準税収入額、普通交付税、臨時財政対策債を合わせたものです。本町の平成28年度の標準財政規模は68億7,119万3千円です。

 

 

 

南風原町健全化判断比率等の対象となる会計範囲のイメージ図

                                                                        

                                                   健全化対象会計範囲のイメージ.jpg

                                 

 

 

財政健全化判断比率等(H28決算)(PDF)

 

H28健全化判断比率等.pdf(75.3KBytes)

お問い合わせ

企画財政課
財政班
電話:098-889-0187