• 町の紹介
  • 町民窓口
  • くらし・健康
  • 子育て・教育
  • スポーツ・学習
  • ふれあい
  • 住まい・産業
  • 町の財政

南風原町さくらねこ活動支援について(報告)

2019年9月5日

 

 南風原町では、飼い主のいない猫(以下、野良猫)による生活環境被害(ふん尿、鳴き声、ごみあさり等)の緩和と、

殺処分の減少に寄与する活動として公益財団法人どうぶつ基金の「さくらねこ1TNR2事業」へ参加し、自治会主体

さくらねこ活動の支援を実施しました。

 

  

                TNRイラスト.jpg                                       

 

 「野良猫をどうにかしたい!」という自治会長からの要望により、さくらねこTNR活動の趣旨に賛同していただいた

上で今回の実施に至りました。約2ヶ月間の活動準備で、自治会住民をはじめとする多くのボランティアの皆さまの

協力のもと、9頭のさくらねこが誕生しました。

さくらねこpic.png

 

 さくらねこは、一代限りの命を全うするまで地域で衛生的に飼育管理され、地域住民の理解と協力のもと、猫トイレ

設置によるふん尿の始末や、適切な餌やり及び清掃、食べこぼしの片付けがされます。これを「地域ねこ」とも呼び

す。地域ねこには不妊・去勢手術が施されるため、これ以上の猫が増えることはありませんし、また、発情期のさかり

の鳴き声や出産がなく、尿のにおいも緩和されます。

 

1 さくらねこ:不妊・去勢手術済みのしるしとして、耳先を桜の花びらのようにVカットした猫

 ※2 TNR:「TTrap)捕獲、NNeuter)不妊・去勢手術、RReturn)元の場所に戻す」の略

 

 

 

 

  どうぶつ基金で検索.jpg

 どうぶつ基金が2005年から動物愛護事業の基軸として行っている「さくらねこ無料不妊手術事業」は「飼い主のいない猫」に対し

「さくらねこTNR(Trap/捕獲し,Neuter/不妊去勢手術を行い,Return/元の場所に戻す,その印として耳先をさくらの花びらの

ようにV字カットする)」を実施することで,繁殖を防止し,「地域の猫」「さくらねこ」として一代限りの命を全うさせ,「飼い

主のいない猫」に関わる苦情や,殺処分の減少に寄与する活動です。 
 どうぶつ基金では,従来型の地域猫活動では、話し合いをしている間に猫の頭数が倍増してしまい、当初の予算では実施できな

くなってしまうケースや、公園や大学など、いわゆる“地域”が無いケースが多くあることを考え、「TNR先行型地域猫活動 」の推

進を行い,広義の地域猫活動等の活動支援を行っています。

 

公益財団法人 どうぶつ基金のHPはこちら↓

http://www.doubutukikin.or.jp/

 

 

 

お問い合わせ

住民環境課
生活環境班
電話:098-889-1797