• 町の紹介
  • 町民窓口
  • くらし・健康
  • 子育て・教育
  • スポーツ・学習
  • ふれあい
  • 住まい・産業
  • 町の財政

特別警報が始まります。

2013年8月30日

 

 平成25年8月30日より、特別警報が発表されます。

 

 

 ○特別警報って何?・・・。

 

 「東日本大震災」や「伊勢湾台風」などの、警報の発表基準をはるかに超える異常な現象が予想され、重大な災害が起こるおそれが著しく大きい場合に発表される警報のことです。

 

 

 ○特別警報が発表されたら、どうすればいいの?・・・。

 

 「身を守るために最善を尽くしてください。」

 

 特別警報が発表されるということは、経験したことのないような激しい豪雨や暴風など、異常な気象現象が起きそうな状況です。ただちに命を守る行動をとってください。

 

 

 ○特別警報が発表されるまでの流れを教えて!

 

 

 (例 大雨の場合)

 

              大雨注意報

 

 (1時間の雨量が40mm異常と予想される場合)

               ↓

        大雨警報(土砂災害、浸水害)

 

 (1時間の雨量が70mm以上と予測される場合や土砂災害の危険性がある場合)

               ↓

          土砂災害警戒情報

 

 (土砂災害の危険性が、さらに高まった場合)

               ↓

           大雨特別警報

 

 (重大な災害が起こる危険性が非常に高まる)

 

     ※ただちに、命を守る行動を!!

 

 

 ※特別警報が発表されないからといって、安心することは禁物です。

 

 

 

【特別警報の発表基準一覧

 

現象の種類 特別警報の発表基準      
気象 大雨 台風や集中豪雨により数十年に一度の降雨量となる大雨が予想され、若しくは、数十年に一度の強度の台風や同程度の温帯低気圧により大雨になると予想される場合
暴風 数十年に一度の強度の台風や同程度の温帯低気圧により暴風が吹くと予想される場合
暴風雪 数十年に一度の強度の台風と同程度の温帯低気圧により雪を伴う暴風が吹くと予想される場合
大雪 数十年に一度の降雪量となる大雪が予想される場合
地象 地震動 震度6弱以上の大きさの地震動が予想される場合
火山現象  居住地域に重大な被害を及ぼす噴火が予想される場合
地面現象 台風や集中豪雨により数十年に一度の降雨量となる大雨が予想され、若しくは、数十年に一度の強度の台風や同程度の温帯低気圧により大雨になると予想される場合
津波 高いところで3メートルを超える津波が予想される場合
高潮 数十年に一度の強度の台風や同程度の温帯低気圧により高潮になると予想される場合
波浪 数十年に一度の強度の台風や同程度の温帯低気圧により高波になると予想される場合

 

 

お問い合わせ

総務課
庶務班
電話:098-889-4415